設定マニュアル - Microsoft Outlook 2016


一覧に戻る

アカウントを登録する場合の設定
  

Microsoft Outlook 2016を起動する。

はじめて Outlook 2016 を起動した場合には、[Outlookへようこそ]画面が表示されます。
画面下部にメールアドレスの入力欄がありますので設定されたいメールアドレスをご入力下さい。

Outlook2016 Step1
 

メールアドレスの入力が終わりましたら画面中程にあります[詳細オプション]をクリックし、
[自分で自分のアカウントを手動で設定]にチェックをして、[接続]ボタンをクリックします。

Outlook 2016 Step2
 
 

[アカウントの種類を選択]という画面が表示されますので[POP]をクリックします。

Outlook 2016 Step3
 
 

以下のように設定し[接続]ボタンをクリックします。

Outlook 2016 Step4
 
受信メールサーバー インフォメーションカードに記載されている受信用メール(POP)サーバー
ポート番号 110
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックしない
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックしない
送信メールサーバー インフォメーションカードに記載されている送信用メール(SMTP)サーバー
ポート番号 587
暗号化方法 なし
セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要 チェックしない
既存のデータファイルを使用 チェックしない
 

以下ウィンドウが出てきますので、インフォメーションカードに記載されているメールパスワードをご入力頂き[OK]をクリックします。

Outlook 2016 Step5
 
 

最後に[Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する]のチェックを外し、[OK]をクリックして下さい。以上でメールの設定は完了になります。
※Outlook Mobileではテンフィートライトが提供するメールアドレスの設定は出来ませんのでご了承下さい。

Outlook 2016 Step6
 
 
登録済みアカウント設定の変更
  

Microsoft Outlook 2016を起動する。

「ファイル」タブをクリックします。

Outlook 2016 Step1
 
 

「アカウント設定」→「アカウント設定(A)」とクリックして下さい。 「アカウント設定」ウインドウが開きます。。

Outlook 2016 Step8
 
 

設定変更を行うアカウントを選択し、「変更」をクリックして下さい。「アカウントの変更」ウインドウが開きます。

Outlook 2016 Step9
 
 

インフォメーションカードを参照し、表の様に入力後、右下の「詳細設定」ボタンをクリックします。

Outlook 2016 Step10
 
名前 メールの受信者側に表示させる名前を入力
電子メールアドレス メールアドレスを入力
アカウントの種類 POP3
受信メール(POP3) インフォメーションカードに記載されている受信用メール(POP)サーバー
送信メール(SMTP) インフォメーションカードに記載されている送信用メール(SMTP)サーバー
アカウント名 メールアドレスをすべて入力
パスワード メールパスワードを入力
パスワードを保存する チェックを入れる
メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェックボックスをオンにしてください チェックしない
 

「インターネット電子メール設定」ウインドウが開きましたら、「送信サーバ」タブをクリックします。 表の様に設定を行い、「詳細設定]タブをクリックします。

Outlook 2016 Step11 
送信サーバー(SMTP)は認証が必要 チェックする
受信メールサーバーと同じ設定を使用する 選択する
 

表の様に設定を行いましたら、[OK]ボタンをクリックします。

Outlook 2016 Step12 
送信サーバー(SMTP) 587
 

「アカウントの追加」ウインドウに戻りましたら、「次へ」をクリックして下さい。

Outlook 2016 Step13
 

「全てのテストが完了」した事を確認して、「閉じる」をクリックして下さい。

Outlook 2016 Step4
 
 

「完了」をクリックします。

Outlook 2016 Step19
 
 

以上で設定が完了になります。

Copyright(c)  TEN FEET WRIGHT INC. all right reserved.